利便性や汎用性が高い|チャットツールを使って社内のコミュニケーションを円滑に
男性と女性

チャットツールを使って社内のコミュニケーションを円滑に

このエントリーをはてなブックマークに追加

利便性や汎用性が高い

男女

勤怠管理はシフト管理から出勤状況や残業状況などを一元管理するものです。働き方の多様化により、誰もが必ずしも出社するスタイルではなくなっています。在宅勤務や、直行直帰のスタイルをとる会社も増加しています。特に本社が存在しているものの、支店を構えずに社員だけを配置しているような会社もあります。また他社に対して派遣を行っている会社などは自社への出社義務はなくなります。多様化する勤務体系の勤怠管理を行うには、紙媒体による管理が一般的でしたが、最近ではクラウドを利用するスタイルも多くなっています。勤務開始と勤務終了に打刻をクラウド上で行いそれを一元管理するものです。

その月が終了するまで勤務状況が把握できなかった問題を解決することができます。クラウド上では常に人事部門と情報が連動されるようになっていますので、給与の管理も素早くできるようになります。また勤務している状況を勤怠管理システム上で見ることができるようになりますので、本社にいながら各社員の行動を管理することが可能になるのです。クラウドには一定のセキュリティが必要になります。IDやパスワードなどの管理を備えて、個人を特定するシステムが必要になるため構築にはある程度の費用が掛かりますが、オフィスのスペース問題や、交通費などを軽減させることができる面でメリットも多くなっています。勤怠管理自体にシステムを導入する会社も多くなっていますが、さらに進化して最近ではクラウド化が進んでいるのです。