人事に関する業務を効率化|チャットツールを使って社内のコミュニケーションを円滑に
男性と女性

チャットツールを使って社内のコミュニケーションを円滑に

このエントリーをはてなブックマークに追加

人事に関する業務を効率化

男性たち

企業規模に合ったシステム

現在では大半の企業が社員の給与計算や勤怠管理・社員情報管理の目的で人事管理システムを導入しています。人事に関する管理業務はどの企業でもある程度共通する部分が多く、IT技術を利用することで格段に管理しやすくなるのです。業務負担を大幅に軽減できる人事管理システムですが、中にはシステムへの不満を抱いている担当者もいます。特に急成長を遂げたような企業では、導入当時と比べて会社の規模が大きく拡大しているものです。社員の数が増えれば人事管理に関わる業務もそれだけ複雑化し、中小企業向けの比較的コンパクトな人事管理システムでは対応できない事例も増えてきます。逆に会社の規模から考えて不相応なほど多機能の製品を導入してしまい、使いこなせないまま持て余している例も少なくありません。そうした人事管理システムとのギャップを痛感している企業は、今一度システムを見直してみた方がいいでしょう。身の丈に合ったシステムと入れ替えることで人事管理業務もスムーズになり、場合によっては大幅なコストダウンにもつながります。より戦略的な方面に企業の力を集中させるためには、人事管理業務を徹底的に省力化することが最も合理的なのです。

クラウドで提供される機能

今後の急成長が見込まれる企業が人事管理システムを刷新しようという場合は、ワンランク上の製品を導入するといいでしょう。コスト面で不安がある場合でも、最近はリーズナブルな月額料金で導入可能なクラウド型の製品が増加中です。人事管理システムの機能がクラウドで利用できるSaas型は、セキュリティシステムやグループウェア・業務システムなどの分野でも多くの企業で導入が進んでいます。初期費用の点で圧倒的に有利なSaas型製品は、パッケージ型に劣らないほど豊富な機能がクラウドを通じて提供されます。人事管理システムでも給与計算や勤怠管理・人事台帳といった基本機能にとどまらず、タレントマネジメントシステムとの連携が可能な製品も登場しています。戦略的人事にも応用可能な形に進化しつつある人事管理システムを導入すれば、企業の人的資産を最大限に活用する道が拓けるのです。マイナンバー制度の開始で対応が迫られる中、制度改正を機に人事管理システム刷新へと踏み切る企業が増えています。堅固なデータセンターに保存した人事台帳が利用可能なクラウド型の人事管理システムは、セキュリティと信頼性の高さという点でも人気を集めています。